01

AMRアクションファンドは、2030年までに2~4剤の新規抗菌薬を患者さんに届けることを目指しています。本ファンドでは、パートナーとともに、抗菌薬パイプラインへの持続的な投資を可能にする市場環境の創出に取り組んでいきます。

02

AMRアクションファンドは、小規模なバイオテクノロジー企業に10億米ドル以上を投資し、製薬業界の専門知識を提供することにより、新規抗菌薬の臨床開発を支援していきます。

AMRアクションファンドは:
1

バイオテクノロジー企業に対する投資と、業界のリソースや専門知識の提供を通じて、抗菌薬の研究開発を強化・加速させます。

2

業界のステークホルダーと、慈善団体、開発銀行、国際組織などの業界以外のステークホルダーが幅広く結集し、連携することで、抗菌薬パイプラインへの持続可能な投資を可能にする市場環境の創出を政府に促していきます。

03

先進的製薬企業が結集して創設

国際製薬団体連合会(International Federation of Pharmaceutical Manufacturers and Associations:IFPMA)が支援

経営陣

Henry Skinner

CEO

Henry Skinner

CEO

最高経営責任者(CEO)のHenry Skinner博士は、本ファンドに加わる以前は、テクラ・キャピタル・マネジメント(Tekla Capital Management)の上席副社長を務めていました。それ以前は、ノバルティス・ベンチャー・ファンド(Novartis Venture Fund)の副社長兼代表取締役に就いていました。また、Skinner博士は、セレクトX・ファーマシューティカルズ(SelectX Pharmaceuticals)とネオジェネシス・ファーマシューティカルズ(NeoGenesis Pharmaceuticals)のCEOを務めた経験があり、ノバルティス生物医学研究所(Novartis Institutes for Biomedical Research)、ファイザー、ファルマシア、ファルマシア&アップジョン、及びレキシコン・ジェネティクス(Lexicon Genetics)の事業開発部門でも役職を歴任しています。Skinner博士は、ベイラー医科大学人類分子遺伝学部で博士研究員を務め、イリノイ大学で微生物学の博士号と生化学の修士号、ウースター工科大学で生物学/バイオテクノロジーの修士号と学士号を取得しました。

05
AMRは、公衆衛生や、世界中の医療システムの存続にとって、ますます大きな脅威となってきています。COVID-19の危機がもたらした深刻な影響を見れば、今こそAMRと闘うための世界的な取り組みを始めるべきだということがわかるでしょう。リリーはこの分野に直接関与してはいませんが、この課題への対処をサポートすべく、AMRアクションファンドを支援していきます。
拡張バージョン

薬剤耐性(AMR)は、公衆衛生や、世界中の医療システムの存続にとって、ますます大きな脅威となってきています。COVID-19の危機がもたらした深刻な影響を見れば、今こそAMRと闘うための世界的な取り組みを始めるべきだということがわかるでしょう。リリーは抗菌薬/抗菌薬の研究開発に直接関与してはいませんが、新規抗菌薬の製品化に向けた課題への対処をサポートすべく、AMRアクションファンドを支援していきます。業界は短期的にAMRの研究開発におけるギャップを橋渡しすることで、業界としての役割を果たしていきますが、この重要な分野における今後の研究を推進するような市場を創出するためには、政策立案者が今すぐ行動を起こす必要があります。

David A. Ricks

— David A. Ricks

イーライリリー会長兼CEO、IFPMA会長
IFPMAは、AMRアクションファンドを設立するにあたり、世界保健機関、欧州投資銀行、及びウェルカム・トラストの協力を得られたことを誇りに思っています。本ファンドは、バイオテクノロジー企業が各自の製品候補をゴールまでたどり着かせることができるよう橋渡しするソリューションを提供します。実現可能な抗菌薬研究のイノベーションエコシステムを再生させるためには、政府も立ち上がる必要があります。新規抗菌薬が社会にもたらす莫大な価値を適切に評価し、AMRの世界的な脅威から私たちの未来を守る改革が必要です。
拡張バージョン

各国政府や専門家らは、長年にわたってAMRによる公衆衛生上の危機に対処する必要性について論じてきました。しかし、これまでのところ、そうした議論は行動につながっていません。その間に、必要性の高い新規抗菌薬を開発しているバイオテクノロジー企業は、後期研究開発段階の費用をその後の売上で回収することができずに倒産しています。

バイオ医薬品企業は、こうした手詰まり状態を解消し、この公衆衛生上の明確なニーズに対応する手助けをしたいと考えています。

IFPMAは、AMRアクションファンドを設立するにあたり、世界保健機関、欧州投資銀行、及びウェルカム・トラストの協力を得られたことを誇りに思っています。

本ファンドは、バイオテクノロジー企業が各自の製品候補をゴールまでたどり着かせることができるよう橋渡しするソリューションを提供します。実現可能な抗菌薬研究のイノベーションエコシステムを再生させるためには、政府も立ち上がる必要があります。新規抗菌薬が社会にもたらす莫大な価値を適切に評価し、AMRの世界的な脅威から私たちの未来を守る改革が必要です。

Thomas B. Cueni

— Thomas B. Cueni

IFPMA事務局長
AMRは公衆衛生上の緊急事態です。AMRアクションファンドは、世界的な感染症の脅威に直面した際に、製薬業界が患者さんや社会のニーズに対処する新たなイノベーションをどのように推進することができるかを示す新たな例です。
Kenneth C. Frazier

— Kenneth C. Frazier

MSD会長兼CEO
今、AMRアクションファンドを立ち上げることが極めて重要です。塩野義製薬では、本ファンドが抗菌薬の領域に世界的なエコシステムを新たに構築することで、AMRに対する治療薬をより多くの患者さんに迅速かつ継続的に届ける助けとなることを期待しています。
拡張バージョン

AMRは「静かなる津波」と呼ばれており、この世界的な脅威と闘うために確固たる行動計画を立てなければ、COVID-19のパンデミックより大きな影響を人類にもたらす可能性があります。こうした状況の下で、今、AMRアクションファンドを立ち上げることは極めて重要です。塩野義製薬では、本ファンドが抗菌薬の領域に世界的なエコシステムを新たに構築することで、AMRに対する治療薬をより多くの患者さんに迅速かつ継続的に届ける助けとなることを期待しています。

— 手代木 功

— 手代木 功

塩野義製薬株式会社代表取締役社長
AMRアクションファンドへの投資は、有効な抗菌薬の開発を継続的に加速させる役割を果たし、最終的に世界的なAMRの問題を克服することにつながります。
拡張バージョン

第一三共は、AMRの脅威と有効な抗菌薬の重要性を痛感しています。近年、新たな抗菌薬の創製は難しくなっており、市場性が低いという特徴により、製薬企業が研究開発活動をやり遂げて事業化段階に到達することが困難になっています。

AMRアクションファンドは、抗菌薬開発に関して蓄積された業界の知識を結集し、こうした状況の是正に役立てていきます。本ファンドへの投資は、有効な抗菌薬の開発を継続的に加速させる役割を果たし、最終的に世界的なAMRの問題を克服することにつながります。

— 中山讓治

— 中山讓治

第一三共株式会社常勤顧問
薬剤耐性菌や薬剤耐性真菌による脅威は増大しつつあり、世界的な健康の推進において対処すべき重要分野の1つとなっています。
拡張バージョン

ベーリンガーインゲルハイムでは、患者さんの生活を改善したいという思いが原動力となっており、医療ニーズが最も高い分野にイノベーションを集中させています。薬剤耐性菌や薬剤耐性真菌による脅威は増大しつつあり、世界的な健康の推進において対処すべき重要分野の1つであると私たちは考えています。同時に、幅広い知識の連携が成功の可能性を高めると確信しています。こうした理由から、私たちは新しいAMRアクションファンドでほかの業界パートナーと力を結集し、感染症と闘うために、必要性の高い新たな治療選択肢の研究、開発、及び医療現場で利用可能にするために積極的に貢献していきます。

Hubertus von Baumbach

— Hubertus von Baumbach

ベーリンガーインゲルハイム会長兼CEO
新規抗菌薬の研究開発は、さまざまな科学的、規制的、及び経済的理由から困難なものとなっています。ロシュは、新規抗菌薬の臨床開発から製品化までの間にある資金面でのギャップに対処するAMRアクションファンドのパートナーであることを誇りに思っています。
拡張バージョン

薬剤耐性(AMR)は、世界的な公衆衛生上の危機です。この問題に対処するため、新たな抗菌薬が喫緊に必要とされています。しかし、新規抗菌薬の研究開発は、さまざまな科学的、規制的、及び経済的理由から困難なものとなっています。ロシュは、新規抗菌薬の臨床開発から製品化までの間にある資金面でのギャップに対処するAMRアクションファンドのパートナーであることを誇りに思っています。市場ベースの改革の実行に向けた政策立案者の取り組みとともに、AMRアクションファンドは、世界中の患者さんの利益のために持続可能な抗菌薬市場とエコシステムの開発に大きく貢献していきます。

Severin Schwan

— Severin Schwan

ロシュCEO